トリアナサーバー住の紅い子。基本放置民ナリ
2017/10«│ 2017/11| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/12
SELECT COLORS赤橙黄緑水色青紫桃灰SELECT COLORS
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
23:46:34
はぃな!(=w=

久々の更新なりー。
とある王子から――いやナンデモナイ。



猫で溢れる島を場違いな紅い人間がのっそり歩いている。
「なぁー、にゃふ。
 ほんまに人住んでんの?ここ。」
足元を歩く白い毛玉に声を尋ねる。
時折、唐突に歩を止めるそれは気をつけていないと蹴り上げそうになる。
主に似たのか、これまた気ダルそうな猫な白猫はマイペースにとぼとぼ歩いて行くのだった。



イリア大陸コンスース地域 フィリア郊外
廃れた集落に片目を眼帯で覆ったエルフの青年と幼くも力強さを纏った少女が訪れていた。
「またあの悲しさを繰り返すのか・・・」
かつて王族の一人であった青年は枯れた砂を握りしめていた。



「ぬぅうあああああああああー・・・!」
ニャン魂を乗せた小船は滑っていた。

空を。

周囲に立ち上る大波の中、船は波に放り上げられは衝撃とともに落着を繰り返していた。
「こんな荒れてるなんて聞いてな――」
<い>という声は悲鳴とともにどこかへ飛んでいくのであった。
「落ちる、コレ落ちるっ――!」
その口から出た末路に船は一直線に向かっていく。
「ちょっと待ってぇえええ――・・!」


「にゃ・・・ッ」
狭い歩幅をちょこちょこ跨いでいたにゃふが急に足を止めた。
のろまそうな外見とは裏腹に柔らかい毛で包まれた頭をスイッチを切り替えるかのように動かし出す。
「ん――、どしたん?」
返答はにゃふとは別の声で返ってきた。
「ってぇえええ――・・!」「ふぼっ!?」
声の主を探す俺の腹には白い毛玉の弾頭がめり込んで・・ふっ飛ばした。
数泊遅れて俺とにゃふが居た場所に小船が轟音とともに降ってきたのだった。
「げほっ、脳筋猫め――。これはこれで死にかけたで・・。」
のろまな外見とは裏腹にこの猫は早く、強い。
粉塵を上げながら、衝撃に耐え切れず船は崩れつつあった。
落着音がまだ残っているまま、今度は爆発音が訪れる。
船の甲板部分、マスト部分と次々に部品が弾き出されていく。
砂煙の中に点滅する稲妻が徐々に見えてきた。
体に稲妻を纏わせては船の形造っていた木々を吹き飛ばす主は・・・青。
「・・・ニャン?」
青い少年の眼にも砂煙の中にぼやける赤い人影が見えてきていた。
「そんな、なんでここに――。」
それから少しおいて・・青い閃光が轟く。
「何してたんですかー!」
俺は久しく会う親友に黒コゲにされるハメになっていた。



イリア大陸ピシス地域 バレス
ジャイアントたちは慌ただしくその巨体を駆けさせていた。
「タウネスを呼べ! ガードを集めるのだッ。」
ジャイアントの王、クリューグの指示の基に彼らは動き出していた。
「少数で構わんっ、隊を編成せよっ!
 えぇぃ・・・時はすぐそこまで来ておる。」
タウネス以下、十数人のジャイアントたちが王の元に招集された。
普段はピシスを警備するジャイアントガード、屈強な戦士たちが並ぶ様は強固な壁そのものとも言えた。
「クリューグ王よ、恐れ多いが我には戦はできん。
 この目ではいつ闇に閉ざされるかもわからん。」
タウネスはかつては戦線の道を切り開いてきた猛者だったが、先陣故にその傷は大きかった。
「此度お前には戦闘は無用、陣の指揮をとってもらいたい。」
「しかし――っ!
 くっ・・承知した。引き受けよう。」
歴戦に立っていた鍛冶師は戦に向かうにも関わらず、前線に立てない自分の歯痒さを持て余していた。
しばらくそのもどかしさに歯噛みし、振り切ったタウネスは集ったジャイアントガードに吠える。

「エルフの矢なぞ押し飛ばし、戦道切り開いてくれよう。
 我に続け!己が信ずる己を信ぜよ!
 我ら大地を照らし灯火とならん!」

士気を表すように兵士たちも指揮官を追って吠えるのだった。



「――んでぇ?
 俺会って早々アフロにしてくれなんて頼んでへんけど?」
俺の髪は見事なまでにチリチリになっていた。
まだ少しコゲ臭い。
「いやぁ~・・まぁ、その、つい?
 でも生きててよかったですよ。」
ニャン魂が空を仰ぎながら呟いた。
そして現状報告を続ける。
「結構前に話し合ってマビ鍋は解散しました。
 あとはー・・そうそう、タラの王城が冒険者も入れるようになりましたよ。
 条件付きですけど。」
エイリフ王国の象徴とも言える王城。
おカタイ王政が入城を許可するとなると――。
「ほーぅ、てことはまたやっかいなことになってんや?」
「そゆこと☆」
スポンサーサイト


コメント
No title
あれおかしいなスクロールバーが動かな・・・(ry
更新ありあとー!なんか自分ぽい誰かが出てきたようでワクワク

旦那のアフロ姿、是非拝みたいものですな。

Kaiza│URL│2011/02/10(Thu)00:58:50│ 編集
No title
>>にぃ
これでしばらく間あけれる・・・!(ぉま

アフロはおそらくシナイ・3・

ウィンプ│URL│2011/02/22(Tue)15:25:54│ 編集
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://redwimp.blog116.fc2.com/tb.php/586-37edefa5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
黒ねこ時計
Flashカレンダー
プロフィール

ウィンプ

Author:ウィンプ
音楽好き猫好き赤好きetc...
かなーり人見知りですが気になさらずw
リンクフリー、相互しますよっ><b
コメからでも報告あると助かりますw

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2チャット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。